毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《ESTHER PHILLIPS   “What A Diffrence A Day Makes”》
ジャズ系のCTIレーベルから出ており、ちょっとクセのあるヴォーカルですがさすが名曲といわれるだけあり、ノリの良さでグイグイ引っ張られ、ついついハマってしまうんです。インストルメンタルパートも聴かせますよ。ギターにジョーベック、スティーブカーン、ベースはウィルリー、ブラスはブレッカーブラザーズにデビッドサンボーン等強者揃い。“Mister Magic”のヴォーカルバージョンもGood!!


《GLADYS KNIGHT & THE PIPS        
   “Best Thing That Ever Happened To Me”》
“Midnaight Train To Georgia”のヒットで有名なこのコーラスグループは私がSoulにハマっている時に初めて買ったアルバムで、その中のこのバラード!幾度となく聴き続け未だに私のフェイバリットソングの中の1曲となっている次第。グラディスの歌の上手さは天下一品。こんなに染みる声には中々出会えない。国民的ヴォーカリストだよ。


《SLY & THE FAMILYSTONEE   “Sing A Simple Song”》
当時はブラックロックと言われていたこのグループは、元DJのスライにブリブリベースのラリーグラハムらが中心で無差別に音楽を吸収し彼等のファンクスタイルを作り、それが受け入れられブレイク!そう、あのウッドストックでのライブ、誰もがブっ飛びあのグルーブに酔いしれた“I Want To Take You Higher”。でもこの曲を忘れちゃいけませんよダンナ!!今聴いても腰がウズウズ、ウズクよ〜!ファンクの原点に戻してくれる作品ダーっ!