毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《DENISE LASALLE“I'm So Hot”》
これを選曲するにあたり、かなり迷った次第。渋くていい曲もたくさんあるのだが、やはりこのフロア・アンセムがずっと耳から離れない。彼女らしくはない曲なのだが、この一本筋の通ったヴォーカルが軟弱なダンスものにならない凄さがさすがサザン・ソウル・シンガーであり、屈指のレディ・ソウルだからである。


《NATURAL FOUR“Heaven Right Here On Earth”》
リロイ・ハトソンの息のかかったヴォーカル・グループで、彼の音楽を忠実に表現してくれるパフォーマーだ。このナンバーは、エレキシタールの音色が切ない雰囲気を出し、リード・ヴォーカルに絡むコーラスもなかなかの味わいを出し聴かせてくれる心和む傑作だ。もちろん、サウンドはリロイ・スタイルです。


《BIONIC BOOGIE“Hot Butterfly”》
グレッグ・ダイアモンドが作ったユニット。レア・グルーヴ・ムーヴメントやフリー・ソウル・ブームで幅広いリスナーに浸透したこのメロウなナンバーは、故ルーサー・バンドロスのヴォーカルが堪らなくステキだ。彼のヴォーカル・テクニックの素晴らしさが堪能できる。チャカも“Papillon”というタイトルでカバー。