毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《GENOBIA JETER   “Peace Of Mind”》
ソウル・アルバムは、これ一枚だが内容はいい。夫のグレン・ジョーンズ(80年代、屈指のシンガー)も参加しての本物志向の作品だ。このノリのいいナンバーは『D・トレイン』でお馴染み、ヒューバート・イーブスがプロデュース。突き抜けるサウンドに、彼女の高揚感のあるヴォーカル。抜かりはない!


《IMPRESSIONS   “I'm Fool For Love”》
カーティスが抜けてから、三人目のヴォーカリストになっての本作は、別のヴォーカル・グループとして成り立ち始めた過渡期の作品でもある。好き嫌いは別として、これ以降を支持しているファンもいるのは確か。そんなことより、この純粋なスロー・ナンバーに感動してくれ。いいんじゃないの!


《BRICK   “Ain't Gonna' Hurt Nobody”》
黒いファンク・グルーヴを持ちながら、重たくならず、軽快に叩き出すサウンド。なかなか人気のあるこの曲は、いい楽曲に、いい声、クセになるリズムがイイ。インストもスマートにこなし、実力も申し分ない。後に、レイ・パーカーJrのプロデュースでヒット・アルバムを残している。イケる!