毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《L.J.REYNOLDS“Didn't Mean To Hurt U”》
ドラマティクスの名を出すまでもなく、L.J.で通用する素晴らしいシンガー。昨年のアルバムも良く、マービンのカヴァーからAORの名曲まで懐の深いL.J.ソウルを聴かせてくれた。この曲は12年前の凄くメロウなバラードで、珍しくセクシーに歌い込んでいる。溜め息が出そうなくらいだ。


《PLAYERS “He'll Be Back”》
シカゴ出身の三人組のヴォーカル・グループ。このスロウ・バラードは、シャイ・ライツに近い雰囲気をもっている。ポイントはコーラスで参加しているデルズだ。メジャーになる前ではあるが、この曲をしっかりとサポートし、スイート・ソウルの古典と成し得た。これが66年の作品とは・・・


《BAND A.K.A “Work Me All Over”》
セッション・ミュージシャンのユニットで、ライブ指向が強いので生で聴けたらゴキゲンでしょう。この曲はヴォーカルが映え、なかなかカッコいいダンス・ナンバーに仕上がっている。小細工は一切せず、ノリ一発の勝負が功を奏したか。DAZZ BAND“Let It Whip”好きならハマリですよ。