毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《OTIS CLAY“I Die A LittLe Each Day”》
ハイ・サウンドと彼の相性がハマるこの名作アルバムは、聴く者に誠実に訴えかけてくる。他の大物サザン・ソウル・シンガーとくらべても何の遜色もないシンガーだ。このスロー・バラードはジワジワと五臓六腑に染み渡り、泥酔状態に堕ちること必至。これぞソウル!


《FOUR MINTS“You're My Desire”》
歌で押すヴォーカル・グループとは違い、独特の雰囲気と香りをもっている。ヴォーカル、コーラス自体少し物足りなさも残るが、ソウル・ファンをくすぐる何かをもっている。この曲はアルバムのハイライトで、スイート・ソウルの古典的スタイルを聴かせる。いい仕上がりだ。


《MOODS“This Magic”》
ヴォーカル・インスト・グループの形をとっているが、全体的にスロー・バラードがいい。ヴォーカル・グループ顔負けのスタンスで聴かせてくれる。この曲を選択した理由は、ヴォーカルに絡むようにバック・コーラスのファルセットが何とも堪らなく、私を刺激するのだよ。